胃がんなどの治療で健康維持〜いつまでも病まない身体をゲット〜

転移しやすい場所

ハート

がんと聞くと、転移や再発という言葉をセットで聞く人が少なくないでしょう。実際、がんの再発率や転移率というのは非常に高いものだと言われています。これは、がんの進行度(ステージ)によっても大きく変化しますが、がん細胞は血流やリンパにのって原発がんから体中に送られることがあります。一般的な胃がんも、粘膜に変異が見られず、胃内部の壁に出来てしまう発見しにくいスキルス胃がんも転移しやすい場所としては、リンパ節と腹膜に当たります。血流にのって転移する場合は全身から戻ってきた血液は肺の機能によって浄化洗浄され、その時にがん細胞も取り込んでいしまうことで肺がんや肝臓がんになってしまうことがとても高いと言われています。

基本的に、胃がんは初期段階の状態では転移がしにくいがんと言われてはいます。しかし、全く0とは言い切れません。早期発見で胃がんを発見した場合でもリンパ節に既に転移をしている場合が見られるのです。正常のリンパ節であれば、小豆ぐらいの大きさが正しい形となっています。しかし、転移していると少し腫れているため、大きくなっており簡単に見つけることが可能です。初期段階で、リンパ節に転移をしていても胃の悪性腫瘍と一緒に摘出を行なうことで胃がんは完治させることが可能なのです。肝転移などが見られる血流によって転移が見られる場合は、胃がんが進行してしまい胃壁に到達してしまったことが原因です。血流によって別の場所に移動してしまう。血流により転移が見られる場合は、手術などでの外科的治療は難しく抗がん剤などの化学療法に治療がシフトします。胃がんは、リンパ節などに転移していても早期発見であれば完治することが可能です。そのため、定期検診などをかかさず行い身体の状態をチェックしておくことが大切でしょう。

Copyright© 2017 胃がんなどの治療で健康維持〜いつまでも病まない身体をゲット〜 All Rights Reserved.