胃がんなどの治療で健康維持〜いつまでも病まない身体をゲット〜

胃がんとは

医者と看護師

男女合わせると、がんの病気の中で胃がんはトップの数値を誇るほど胃がんの患者数は年々増えてきています。男女合わせての数が、トップの胃がんはそれに比例して胃がんによる死亡率も2位の多さです。それだけ、胃がんの患者の数は多いのですが、死亡率をみるに1位ではないのです。胃がんは早期発見をすることで、ほぼ完治させることができる病気なのです。がんは、一昔前まで不治の病と称されるほど完治には難しい病気で、生存率も大変低い病気でした。しかし、今では医療技術の発展により胃がんは早期発見ができれば、簡単に悪性腫瘍に冒された部分を取り除き、再発する可能性もありません。また、他のがんとは違い胃がんは、原発がんかつ初期段階であれば転移の可能性が低く進行速度も他の場所のがんに比べて遅いため、完治する可能性が高いがんでもあるのです。

他のがんに比べて胃がんは、胃の粘液とどまって分裂や移動を行わないのが特徴です。しかし、胃がんの進行が進んでしまうと進行胃がんといわれる状態になってしまいます。進行胃がんは、がん細胞の増殖が筋肉にまで達してしまい、そうなってしまうと胃を突き破り体内の腹膜に転移してしまうことも見られます。また、がん細胞の特徴である血流に乗って、肝転移も引き起こす可能性が非常に高いのです。また、スキルス胃がんというタイプの胃がんが存在しており通常の胃がんよりも大変危険な胃がんがこのタイプになります。基本的に、胃の粘膜などに定着してがんが発生してしまいますが、スキルス胃がんの場合は胃の粘膜に異変を起こさず、胃の壁内部にがんの悪性腫瘍が広がるタイプです。粘膜に異変が見られないため発見されにくいのがこのがんの特徴になっており、スキルス胃がんが発見された時には、広範囲に転移していたり、リンパ節が広範囲にがん細胞に侵されていたりとしている場合がほとんどなのです。

Copyright© 2017 胃がんなどの治療で健康維持〜いつまでも病まない身体をゲット〜 All Rights Reserved.