胃がんなどの治療で健康維持〜いつまでも病まない身体をゲット〜

早めに症状に気づく

バスト

乳がんの検査方法

乳がんは乳房にできる腫瘍のことで、状態によってはそれを取り除く手術を行う必要があります。これらは早期に発見することで回復の可能性も高くなるので、日頃からチェックしておくことが大切です。 このチェックの仕方は、乳房全体を触っていくことでしこりの有無を自分で確認していくことができます。特に仰向けになって行うことで、その確認も分かりやすくなります。 また、乳腺科での検査では、CTやマンモグラフィーの設備を使っていくので、乳がんの発見がしやすくなってきます。その他に、各自治体でも検診の案内を行っており、特に40代以降を対象に促されています。 現在では、国のほうから乳がん検診が無料となるクーポン券が配布されています。特定の年齢以上から使える券となっていて、検診ができる全ての医療機関で使っていけます。こういったものを利用すれば、負担とならずに検診を受けていくことができるのです。

増加の原因と対策

乳がんは40〜50代の女性に発症が多く見られ、最近ではそれ以下の若い年齢の人でも多くなってきました。これらが増加してきた原因は、欧米化の食生活や飲酒の習慣がそのリスクを高めていると言われています。また、乳がんは遺伝的な可能性も高い病気なので、近親者に乳がん患者がいる場合は要注意です。 この他に、初潮が早かったり閉経が遅い場合も乳がんへのリスクが高くなります。そして、現代に目立ってきている高齢出産や出産経験のないことも大きく関係しているのです。これは、女性ホルモンの影響が長期間続くことが主な原因とされているので、晩婚や未婚者の増加に反映されています。 このように、昔と異なる生活や価値観などで乳がんのリスクが増えてきました。生活習慣を見直したり、定期的に検査を受けていくことで、深刻な状態を避けていくことができるでしょう。

Copyright© 2017 胃がんなどの治療で健康維持〜いつまでも病まない身体をゲット〜 All Rights Reserved.