胃がんなどの治療で健康維持〜いつまでも病まない身体をゲット〜

外科的切除が最も効果的

医者

良好な予後が望める治療

抗がん剤による化学療法のまとまった報告が無く、胆のうがんの治療は基本的に外科的切除となります。外科的切除による治療では比較的がん治療の中でも良好な予後が得られやすいこともあり、人気のある治療法です。特にステージがまだ1期の場合は切除によって根治がほぼ可能です。ステージが2期以上になると、胆のう以外の合併した臓器の切除の必要性が出てくるため、予後の改善が見られないケースもありますが、その場合は抗がん剤を使った化学療法や放射線治療を用いることがあります。胆のうがんはこのように治療法は外科的切除がセオリーとなっており、症状の進行が浅い場合は根治ができ、またそうでない場合も予後は良好な事が多いため、5年生存率も高めです。

がん細胞の早期発見が進む

どの部位にできるガンも、早期発見と早期治療が最も根治のためには重要であり、これは胆のうがんも同じです。そのための研究も日夜行なわれており、将来的にはさらなる胆のうがん細胞の早期発見が進むと見られています。現在は早期発見のための方法として、身体所見や既往歴のチェックなどに加えて、超音波検査によるエコーによるソノグラフのチェック、血液サンプルを採取して調べる肝機能検査、CTスキャンなどが挙げられます。またCEA分析と呼ばれる、血液中のがん胎児性抗原の濃度を調べる検査法も取り入れられつつあります。胆のうがんの治療は早期に発見して治療をできれば、臓器の切除も最低限で済みますし、根治可能です。そのためにも早期発見のための優れた検査法が今後も取り入れられていくと予測されます。

Copyright© 2017 胃がんなどの治療で健康維持〜いつまでも病まない身体をゲット〜 All Rights Reserved.