胃がんなどの治療で健康維持〜いつまでも病まない身体をゲット〜

ヘルニア克服術

相談

骨や内臓などが本来の場所から突出することによって起こるヘルニアは、手術によって解消することができるものです。しかし、ヘルニア手術には高度な技術が必要で名医と呼ばれる医師に治療や手術を受けることが良いと言われています。

詳しく見る

早めに症状に気づく

バスト

乳がんは乳房にしこりを感じることで、比較的発見しやすい病気ではありますが、その患者数は増加しています。早めにその症状に気づくこと、そして、リスクを高める習慣を見直していくことが大切です。

詳しく見る

異なる検査法を知る

女医

乳がん検診の費用は検査の方法によって異なります。乳がん検診は通常は全額自己負担となります。何らかの自覚症状がある場合には、直接医療機関の乳腺外来を受診すれば、健康保険の適用がされるため低価格で乳がん検診が受けられます。

詳しく見る

早期発見の大切さ

ドクター

男性女性でも、上位3位までに入っている胃がんは自覚症状が無く早期発見しにくいがんのひとつといっても過言ではありません。そのため、定期的な検査などで早期発見をしていく必要があります。

詳しく見る

胃がんとは

医者と看護師

胃がんは、早期発見と早期治療が行えればほぼ完治する病気です。一般的な胃がんの初期段階であれば、転移することも少く再発もしないため完治することが出来ます。しかし、放置していたりスキルス胃がんである場合は注意が必要です。

詳しく見る

転移しやすい場所

ハート

胃がんは、初期段階であってもリンパ節に転移している場合があります。しかし、その場合は手術などで胃の悪性腫瘍と一緒に摘出することで完治することが可能です。そのため、胃がんの早期発見は大切になります。

詳しく見る

胃がんの治療

ドクターとナース

胃がんは、早期発見が出来れば胃を全摘または、一部や転移したリンパ節などを切り取って十二指腸と繋げることで消化機能を保ちながら普段通りの生活を送ることが可能なのです。

詳しく見る

胃にがんが見つかった時は

医者と看護師

胃がんは日本人に多く、食生活や喫煙、あるいはヘリコバクターピロリ菌が原因とされます。自覚症状は他の病気と紛らわしいことが多いので、定期検診を受けるのがお勧めです。また最近では、転移を防ぐためにリンパ節を切除したり、除菌療法を採ったりすることもあります。また死亡者数も、最近では減少傾向気味です。

詳しく見る

外科的切除が最も効果的

医者

他のがん治療同様に、胆のうがんの治療は外科的切除や放射線治療、抗癌剤治療などがありますが、最も効果が高く人気があるのが外科的切除です。胆のうがんは早期発見できれば根治が可能なため、早期発見のための優れた検査法が今後も導入されていくと見られます。

詳しく見る

癌ウイルスと咽のがん

看護師

がんの中にはウイルスが原因になったり発症に大きな役割を持つと考えられているものがあります。バーキットリンパ腫の原因ウイルスであるEBウイルスは上咽頭がんの、子宮頚がんの原因ウイルスであるHPVは中咽頭がんの危険因子でもあると考えられています。

詳しく見る

すい臓にできる悪性腫瘍

カウンセリング

すい臓がんは自覚症状があまりなく、予後がよくないので健診などで早期発見するのがお勧めです。特に糖尿病や慢性すい炎のある人、喫煙をする人はこの病気にかかりやすくなります。またすい臓そのものが小さく、しかも周囲に臓器が多いので、特に胃や肝臓、あるいは骨や肺にまで転移することもあります。

詳しく見る

早期発見で根治

ナース

胃がんの概要。

胃がんとは、胃の粘膜部分、またはその更に奥の部分などに悪性の腫瘍ができるというものです。腫瘍の進行具合に応じて、早期型胃がんと進行型胃がんに分類されます。早期型のものは、比較的浅い部分で進行があまり進んでいないもので、早急に治療を行えば高い確率で完治します。これとは逆に、進行型のものは胃の粘膜部分の更に奥深い部分まで進行している状態のもので、死亡する確率が高くなっています。進行型のものの中でも、数種類に分けられます。進行の特徴によって1型〜3型まで分けられるのですが、3型のものはスキルス胃がんと呼ばれ進行速度や転移する割合が非常に高く、致死率が最も高い胃がんとなっています。スキルス胃がんの場合は、個人病院での治療は難しく、設備の整った総合病院などで治療を行う必要があります。

治療の方法

始めに個人病院などで診断された場合は、紹介状などを書いてもらって、総合病院などに行くと良いでしょう。胃がんの治療方法は複数あります。一般的な開腹手術での腫瘍の除去・内視鏡を用いての内視鏡手術・放射線治療・投薬による治療と様々なものがあります。がんの治療方法で耳にすることが多いものに放射線治療がありますが、この方法は胃がんに用いるのはあまり適切ではないので、用いられる機会はあまりありません。最も多く用いられるのは、開腹手術による腫瘍の除去の方法です。この方法は早期型のものでも進行型のものでも、ほとんどのものに対応しています。内視鏡手術の方法は、早期型のものの場合に用いられることがほとんどで、開腹手術などの外科的手術を伴わないので、入院日数が少なくなったり術後の回復が早くなったりするといったメリットがあります。注意しなければいけないのが、スキルス胃がんの場合で、これにかかると施せる治療方法がほとんどないくらいに進行してしまう場合があるので、早期に発見できるように、定期的に検診を行うようにしましょう。

Copyright© 2017 胃がんなどの治療で健康維持〜いつまでも病まない身体をゲット〜 All Rights Reserved.